期末レポート死刑制度について論じよ                                 SuzumeTsai 

最近「死刑は本当に必要があるの」という声がだんだん増えてきました。 「反対派」と「賛成派」に分かれて、いろいろな論点も出しました。「賛成派」は『死刑を執行は、遺族にとって犠牲者に公平だと思われる、しかも仇をとると言える』と言われました。一方、「反対派」も『犯人でも人権があるし、死刑にしても犠牲者も帰らない』との異なる意見も出ていました。だから、死刑制度の是非をめぐり、今も激しく対立しています。

  死刑存続は本当に必要があるのでしょうか。私は必要だと思います。なぜなら、犠牲者に対する償いかどうかはともかく、死刑の存在は、犯罪を犯す前に警戒の作用があるからです。つまり抑止力があります。雨宮万菜美さんの論文-『死刑の存在する理由』(http://www.lifestudies.org/jp/univ/amemiya01.html)によると、【日本において、死刑存続を認める一因に警察の信頼が挙げられるだろう。冤罪など有り得ないといった風潮が強い。平成11年から16年の犯罪白書によると無罪率は平均して0.1%程である。】死刑を執行する前、誤審をしないように、きちんと証拠を集め、判決します。人が勝手に人を殺すや金持ちを妬んで誘拐するなど多くの事件が増えようと見られています。これで、死刑制度がなくなったら、一体どうなるのでしょうか。

 

私は死刑廃止反対の理由に以下の四つがあります。第一に、民主国家に死刑が執行されるのはかなり難しいです。もし一審の判決で罪があっても、裁判所に上告もできるので、最終的に死刑が執行されたなら自業自得だと思います。

第二に、再犯の確率が相当高いですから、誰かが次の被害者になるかもしれません。誰かが私たちを守れますか。第三に、人権で死刑廃止なら、犯人にもう一度、更生して社会復帰させるはいいけど、誰かが犠牲者に生き返るチャンスを与えますか。『徳を以って恨みを報いる』と言われたが、肉親を失う痛みは当の本人だけ理解できるといいます。 

ウィキペディア(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%BB%E5%88%91)の死刑に関しての文献によると、多くの国では、死刑廃止より死刑制度があるほうが治安がいいとわかりました。シンガポールには鞭打ちの刑罰もあるから、治安がいいです。それは厳刑の効果じゃなくてなんでしょう。第四に、終身刑は、犯人に更正させるための教育の場所と主張する人もいます。でも、私はそうは思いません。なぜならば、刑務所は教育を受けるの場所ではなくて、犯した罪に値する刑罰を受ける場所であり、教育を受ける場所は学校と家庭と社会などです。本当に立ち直りたいなら、犯罪を犯す前によく考えでしょう。 


終身刑は、国民の税金を払って犯人を死ぬまで養う事になり納得できません。「死刑制度廃止の必要性が本当にあるか」という課題について、今後さらに真剣に考えるべきだと思います。

 

 
終於結束好幾天的死刑糾纏,差點逃不出這個魔網
接下來只剩商品發表難搞~

創作者介紹

尋胃人生

yaoching2003043 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()